大阪の錦糸眼科でレーシック体験談> 1週間検診


1週間検診

錦糸眼科で手術をしたら、手術後1週間たったときに来る必要があります。私は手術を土曜日に受けたので、本来なら1週間後の土曜日に来るはずです。しかし、用事があったので月曜日に行きました。

目の調子はだいたい良かったのですが、日曜日は違和感がありました。なんか心配になってきて、目薬を見ると白濁色に濁っています。たしか、目薬が濁っているというのは腐っていたり、目薬がでてくるところを手で触ってしまい最近に感染したりするとなる、と聞いています。すごく心配になってきました。

そこで、錦糸眼科に電話してみることに
「あの、フルオロメトロンの目薬が濁っているのですが、大丈夫ですか?」

案内係の人
「もともとその目薬は濁っております。」

あ、そうですか、すいません、しっかりと見ていませんでした。1週間検診では新しい目薬をもらうので確認してみると、確かに元々濁っていました。

1週間検診では、視力検査、眼圧などを測定します。視力は右が1.2、左が0.9でした。眼科医の診察では、日曜日に目の違和感があるということを聞いてみると、1ヶ月間はそのような違和感がでてくるときがある、とのことでした。

確かに次の日は全く違和感がありません。ストレスを感じると歯が痛くなり、虫歯かなと思ったらストレスがなくなるとともに歯の痛みもなくなる、そんなやつでしょうか。

視力もまだ一定ではないとのことなので、今後左目の視力がもう少し回復してくれればな、と思います。ただ、特に普通に生活している分には左目が見にくいと言う事には、まったく気づきませんでした。

非常に快適な生活を送っています。レーシックはやってよかった!というのが正直に気持ちです。さて、診療が終了すると受付で名前を呼ばれて、新しい目薬をあわせて5本もらいました。なぜ、こんなに渡すのだろうか?というのが謎です。

次は1ヶ月検診があります。さてさて、左目の視力はどうなるでしょうか。診察では特に何も言われなかったので特に問題はなさそうです。フラップを作ったときの傷もきれいに治っていました。